想いをうまく伝えられない時、何を感じていますか?


 

20160625 012

伝えることとは

ことば。

毎日ことばであふれています。
それだけにことばのむずかしさをいつも感じます。

メール・文章・会話・Facebookなどなど。
たくさんの言葉をつかっているし、たくさんの言葉を聞きます。
ことばは思いや考え方や何かを伝えたいときに使っています。

でもどれだけ伝わっているのだろうか。

見る人、聞く人によって受け取る人によって変わってきます。
自分が伝えたいように伝わっているようなことの方が少ないのかもしれません。

だから
「こんなこと言っても仕方がない」
「こんなに伝えたいのに分かってもらえない」
そんな風にネガティブになる事があります。

 

じゃ、伝えないとどうなるか。

伝わるかどうか不安だから伝えない。

でもそれだと伝わらない。

そうですね。

ことばだけでは足りない。
その上の信頼関係や相手を思う気持ちが大事な気がします。

「こんなことを言ったら嫌われるかも」「これを読んだらこんな風に思うかも」と考えてしまいます。

だからこそ、最終的には「信じること」しかできないように思ってます。

誤解されるかもしれない。
嫌われるかもしれない。
この一言で変わってしまうかもしれない。

そう、「かもしれない」ばかりです。

相手の気持ちも未来もわからない事ばかりですから。

 

それなら伝えようと思う。

ネガティブな「かもしれない」ばかり浮かぶけど
自分がどう思っているか伝えないと、前には進めないのです。

誰かならわかってくるかもしれない。
後で気が付いてくれるかもしれない。

この「かもしれない」に期待してみるのもいいんじゃないでしょうか?

きらわれたり、誤解されたりは誰も望まない事。
ただ「きらわれない」為に思いを隠してしまうことは現状維持にしかならないのです。

自分に自信はないけれど、怖さよりも、前に進むことを選んでみるのも大事です。
そこに何かがあると信じてみる事。

「誰かのためを思って」

「みんなのために」

この言葉を使うと、控えめで、思いやりある人がいいように思われます。

ただ、僕には「誰かのために」を言い訳に、自分の気持ちを隠している事がありました。

誰かがわかってくれる「かもしれない」と信じて、僕は「ことば」を使います。

自分の今感じている想いと、誰かを信じています。

 

【仕事・人間関係・コミュニケーション】苦手克服コーチング 無料体験あり!

➡  仕事の悩みほど解決したいのに、相談できる相手がいない。
➡  転職したい。でも家族や将来を考えると踏み出せない。
➡  仕事でうまく伝えられない。話をわかってもらえない。
➡  職場で自分の居場所がない。疎外感を感じる。

こんなお悩みをお持ちの方のサポートをしています。

まずはこちらをご確認ください⇒コーチングサポートのご案内

 

ネガティブ研究家がセミナー講師、やってます。(姫路・たつの・宍粟は交通費無料)

  1. 内容は「こんな話をしてほしい」のご希望も受け付けております。
  2. 個人なので、日程・時間帯・ご要望にお応えいたします。かつ費用がリーズナブル。
    (姫路市・たつの市・宍粟市は交通費無料)
  3. 関西唯一のネガティブ研究家なので、他では聞けない新しい切り口のセミナー講習をします

そんな皆様のご要望にお応えします。お気軽にご相談ください!

詳細はこちらから⇒ 講師のご相談・ご依頼の前にご覧ください。

 

ランキング参加中! 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へにほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください