「やりたい事をやる」上で必要なもの


やりたいこと。

「やりたい事をやればいい」って言葉は優しすぎる。

いつも僕はそう思ってしまう。

 

周りを気にせず、やりたい事やろう!自分らしく生きよう!と、世の中の前向きな人はよく言う。

 

ただ、それがお客さんが存在することなら話は少し変わると僕は思う。

 

そのやりたいことが「お客さんを喜ばせるもの」につながっているかが重要だと思う。

 

誰も自分だけが幸せになりたい人のサポートはしたくない。

 
相手だけが儲かる話には誰もついてこない。
 

やりたいことに夢中になりすぎて自分ばかり見ているから、大事な相手が見えていない。

 

お金儲けがしたい・地位や名誉が欲しい・成功したい。
 
こういった自分の内向きなビジネス感覚だとうまくいかない。
 
 
転職10回してきて、店長・エリアマネージャー経験して、金融で融資担当してきて、
 
いろんな経営者や管理職・マネージャーを見てきた僕の経験上ではそうだった。
 
 
 

「自分の強み」と「お客さんが求めるもの」とが食い違ってないか?

「自分のやりたいこと」は「誰が喜ぶことなのか?」がはっきり見えているか?

 

 

今、自分に言い聞かせている。

本の出版や、講師のお仕事をしている僕の「ぶれてはいけない事」。

 

「出版する本を通じて何を伝えたいか?」と質問してくれた人がいる。

大事なこと、初心、なりたい自分。全部ひっくるめて、最終の見直しをする。

 

「やりたい事をやる」上で必要なもの。

いろんな言葉がありそうだけど…やっぱり感謝かな。

いつもありがとう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください