「仕事で怒られやすい人」が知っておくと得する「正しい怒られ方。」


「なんで出来てないの?」

「俺、ちゃんと伝えたはず!」

「どうしたらちゃんとできるの?教えてよ」

 

書いてても、胸が痛くなる言葉です。

 

怒られるって嫌ですよね。

確かに自分に非があるとしても、いい方あるでしょ?って思ってしまいます。

 

今回は「正しい怒られ方」についてお話したいと思います。

もう怒られたくない!

「正しい怒られ方」よりも「怒られない方法」を教えてほしい!

そんな声が聞こえてきそうです。

僕でもそう思います。

 

ただ、「怒られない」ってことが必ずしもいいとは限らないのです。

 

怒られることで気づくこともあるし、大きな失敗を回避できることもあるからです。

だからこそ、自分にとっていい方向に進むための「正しい怒られ方」が大事なのです。

 

「正しい怒られ方」とは

怒る相手を拒否するのではなく、学べるものは学んで、必要以上にへこまないのが「正しい怒られ方」。

 

正しい怒られ方が出来れば、仕事への気持ちや毎日の生活が変わると考えています。

何度も怒られた方が仕事が出来るようになるの?

人によってはこういいます。

「何度も怒るのは、お前の為だ。」

「わかるまで怒るのが、上司としての責務だ。」

 

僕は今まで転職を10回して、いろんな会社を見てきました。

どの会社でも「怒られ続けて成績が上がった人」はほぼ皆無です。

 

むしろ、逆です。

 

「怒られ続けて成績が下がった」人はたくさん見てきました。

仕事が出来る人だったのに、違う部署に配属になって「仕事が出来ない人」レッテルを貼られて、モチベーション下がって会社を辞めた人を何人も知ってます。

 

そりゃそうです。

誰だって怒られるのは嫌だから。

嫌なことを毎日何回もされるのは苦痛です。

 

でも「怒られるのは自分が悪いから仕方がない」と思う人もおられると思います。

次に「怒られる理由」をお話します。

 

正しい怒られ方。

はっきり言うと、何度も怒るのは相手の為だけではありません。怒っている自分の為が多いのです。

 

そうなんです。

あなたが怒られている原因は、あなたが悪いからじゃないケースが多いのです。

※こちらのブログもご参考に…↓

あなたが仕事ができない原因は、8割あなたのせいじゃない。その1

完結編)あなたが仕事ができない原因は、8割あなたのせいじゃない。

 

確かに怒られる本人にも原因はあります。

ただ「相手を怒る」というのはコミュニケーション方法の1つでしかないんです。

怒ることで自分の意思を伝えやすくする。

怒ることで相手にいう事を聞かせやすくする。

なので「怒る」方法をとっている人がいます。

 

別に怒らなくても、注意する事や相手に気付かせる事は出来るのです。

怒る人は敢えて「怒るという手段」を使って何かを伝えようとしているのです。

 

なので「正しい怒られ方」というのは、

相手が何を求めて怒っているのか?を見極める事です。

 

では「あなたが悪くないのに怒られる」よくある原因は3パターンあります。

1.自尊心を得るため

2.攻撃していい人だと認識されたため

3.マネージメントの為

 

1つづつ説明します。

 

自尊心を得るために怒る

これは「相手を怒ることで、自分の方が上だと相手や他人に思い知らせる」ことが目的で怒っている人です。

これを見極める方法は、「怒っている原因を探ること」です。

 

「お前のせいで、俺が謝らないといけない」

「お前の言い方が気に入らない」「俺の立場を考えろ!」

こういった言葉が出る人は、相手の成長やお客さんの信頼を失う事より、自分の立場が悪くなること、低く見られる事が嫌で怒っている場合があります。

自分に自信がない人ほど、こういった怒り方をします。

 

攻撃していい人だと認識されたため

ミスが多くて周りが迷惑しているから「俺が怒らないと!」と思って怒るのは分かります。

ただ、怒ることで相手より強いと感じてしまい、怒るのが楽しくなる人がいます。

 

自分より立場が弱いから自分が攻撃しても反撃されないし、自分のストレス発散にもなる。

家庭で頭があがらないけど、こいつには強く出ても大丈夫、周りの為でもあると自信を持って相手を責める人がいます。

 

こういう人の特徴は「相手をほめません」

いくら頑張っても、結果を出しても、細かい点や強引な理屈を出して相手より上に立とうとします。

自分がミスをしても謝らないし、お礼も言わない人が多いです。

 

マネージメントの為

マネージメントの手法で「同じ意識を共有すると団結力が生まれる」というのがあります。

これをよくない方法で使う人がいます。

 

AさんがBさんの悪口をいったとします。それに共感してCさんがBさんを責め始めます。

その結果AさんとCさんの距離が近くなる。

これを管理職の人が「自分の仲間を作っておくために」誰かを犠牲にする方法です。

意図的にではなく、「まわりに流される方がラク」って思う人がよくやってしまう方法です。

こういう人の特徴は「みんなの前で怒る」「告げ口する」「怒る内容が薄い」です。

あと「みんなが迷惑してる・みんなそう思ってる」的なワードを使いがちです。

 

怒られている原因はあなたじゃない

今3つの「悪くないのに怒られる原因」を上げました。

極端に「怒る人を悪く言っている」ように感じたかもしれません。

 

ここで覚えてほしいのは「怒られる=ダメな事」ではないのです。

(※コチラのブログもよかったら…⇒ なぜ、いつも怒られているように感じてしまうのか?

 

怒られて「俺にはダメ人間だ」「私には生きる価値がない」なんて思うのは間違いです。

相手の理由で、あなたが傷つくことはないのです。

 

なので「相手が何を求めて怒っているのか?」を見極めようとする、心の余裕を持ってほしいです。

 

そして最後にもう一つ大事な事。

「今怒られていることで、誰がプラスになるのか?」を考えてほしいです。

 

確かにひどい言われ様・怒られ方かもしれません。

ただ怒ってる内容を突き詰めて、自分にプラスになるなら、それは受け入れて欲しいです。

余計な馬事荘厳や、怒る側の自分勝手は言葉は無視していいので。

 

この怒られてる内容で、今後のお客さんにプラスになったり、部署が良くなったりするかもしれないという視点を持ってみて、怒られてほしいです。

怒られない方がいいのですが。

 

結論

  • 怒っている事は「コミュニケーションの手段の一つ」に過ぎない。
  • 「何を求められているか?」「これで誰がプラスになるか?」を考えながら怒られる、それが「正しい怒られ方」
  • 怒る人の都合で怒られることもあるので、必要以上に自己否定をしない事。
  • 怒られないに越したことはない。

 

このブログに興味を持っていただいた方、こちらもいかがでしょうか↓

 

 電子書籍好評発売中 

最新!2nd電子書籍「もうそろそろ幸せになっていい?」

内容紹介

「幸せとは何か?」
この疑問に終止符を打ちます。
関西弁の「幸せの女神」と、幸せになりたい人達との会話バトルストーリー。
お互いの本音の会話から生まれる「幸せ」とは何か?
あなたも一緒に「しあわせ」を見つけてみませんか?
 
 
 
 
1st電子書籍「わくわくするネガティブ」

内容紹介

「ネガティブ=悪いもの」の概念をぶち壊す本です。
ネガティブを克服したい方、ネガティブな知人とどう付き合っていいか悩まれている方、たまにネガティブになってしまう方、「ネガティブ=悪いもの」と思い込まれている方、そんな皆様におススメいたします!

この本では、ネガティブを否定するのではなく、ネガティブを活用して、自分らしさを引き出すヒントを書いた本です。

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください