意外!「あきらめる」が正解な事もある。


はじめに~ネガティブ研究家のブログのお約束~

●こんな方にはぜひ読んで欲しいブログです。

  • いろんな本やブログを読んでも変われなかった方
  • 「どの本も同じようなことばかりだから効果ない」と思っている方
  • 自分はネガティブだから何してもダメだと思っている方
  • 人にアドバイスされても、なんだか納得できない方
  • できるなら自分を変えてみたいと思っている方

●ネガティブ研究家ブログのお約束、3つ!

  1. 「ポジティブになりなさい」など「~しなさい」「○○すべきです」と強要いたしません。
  2. よくある一般論ではなく、僕自身が実際に体験したことや実際に感じたことを書きます。
  3. 一般論は否定しても、個人の感情の否定はしません。

では今回のお話を始めます!

 

諦めることはよくないの?

あきらめたらそこで試合終了ですよ。

名言すぎる名言。

ふと思いました。

「あきらめる=ダメ」は正しいのか?と考えてみました。

「目標は達成するもの。だからあきらめてはいけない。」
今までたくさんの本や人に同じようなことを言われました。

ほんとにそうなんでしょうか?

 

あきらめるに必要なこと

まず念頭に置いておくのはゴールはどこなのか?です。

「自分がどうなりたいか」をゴールとしたら「ゴールまでのプロセス」が目標だと思う。

例えばうまくいかない場合があるとします。

そんな時は、目標の設定が間違っている可能性があります。
今の自分に合った目標に設定しなおして前に進めばいいんです。

その時には「あきらめる」は「ゴールにつくための大事な選択」だといえます。

結果ゴールに行ければいいのです。

 

よくある間違った頑張り

例えば…

会社で「在庫が余っている商品をお客さんに売って、今月の売上を達成しよう
社長がそんなことを言い始めたとする。
「社長が言ったことだから」と真面目にとりくむが売れない。
そらそうだ、理由があって売れ残って余ってる商品なのだから。
「あきらめちゃいけない」と考えて、余ってる商品を何とか売れる方法を考える。
社長から「考える間があれば売ってこい」と言われる。
で、結局売れず「指示したことも出来ないのか!」と怒られる。

 

これ、結構「社会人あるある」かも(笑)

 

この場合、「今月の売上達成」がゴールなのです。

売れ残りを売る事より、このゴールを達成するのが大事と考えると

「売れ残りより、今売れている商品をもっと売れる方に力を注ぐ方が効率がいい」となります。

なので、「売れ残りを売る」ことはあきらめて正解なのです。

あきらめることができる余裕

うまくいかない時、頑張っているのにしんどい時、
「本当にこのやり方があってるのか?」
「もしかして意固地になって取り組んで、考えることを避けてるのか?」
なんて自分に向き合うことは大切です。

それと「やめてもいい」「あきらめることができる」という
選択があると、柔軟に取り組めることができて楽しさも生まれます。

 

「あきらめてもいいんだ」という選択肢を持つこと。

その上で「自分はどうなりたいか?」ってのを考えてみてほしいです。

考えずに「あきらめることはダメだ」だと苦しくなりますよ。

 

ゴールへの一番自分が進みやすい道、正解は1つではないんです。

気楽に一生懸命で行きましょう。

 

【仕事・人間関係・コミュニケーション】苦手克服コーチング 無料体験あり!

➡  仕事の悩みほど解決したいのに、相談できる相手がいない。
➡  転職したい。でも家族や将来を考えると踏み出せない。
➡  仕事でうまく伝えられない。話をわかってもらえない。
➡  職場で自分の居場所がない。疎外感を感じる。

こんなお悩みをお持ちの方のサポートをしています。

まずはこちらをご確認ください⇒コーチングサポートのご案内

 

ネガティブ研究家がセミナー講師、やってます。(姫路・たつの・宍粟は交通費無料)

  1. 内容は「こんな話をしてほしい」のご希望も受け付けております。
  2. 個人なので、日程・時間帯・ご要望にお応えいたします。かつ費用がリーズナブル。
    (姫路市・たつの市・宍粟市は交通費無料)
  3. 関西唯一のネガティブ研究家なので、他では聞けない新しい切り口のセミナー講習をします

そんな皆様のご要望にお応えします。お気軽にご相談ください!

詳細はこちらから⇒ 講師のご相談・ご依頼の前にご覧ください。

 

ランキング参加中! 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へにほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください