その2!どうしてもネガティブを治したい人へ いいひと論/ネガティブ活用講座


前回、ネガティブの改善方法を提案しました。

こちら⇒ネガティブをどうしても治したい人へ その1

ネガティブ改善方法その2

今回は「いい人をやめよう」です。

 

ネガティブな人・マイナス思考の人は、優しくて思いやりがある人が多いんです。
僕もそうなんです、と言ってみます。

 

ネガティブの人が優しくて思いやりがある理由は

いい人に思われたい、嫌われたくない、周囲の評価を気にしてしまうこと。

そして「やさしさが唯一の取柄」と自分の存在意義にしてしまっているケースがあります。

 

いいひと。って?

僕も最近わかりました。
「いい人」ってのは、その人にとって利益がある人・その人を受け入れる人・害がない人なんです

 

いい人になりたいなら、相手に利益を与えたり、その人を肯定していけばいいんです。

ただし、見返りは求めていけません

あえて言うなら、見返りは「好印象」だけです。

 

相手のために何かしないといけない。

相手のために自分の気持ちを押し殺そう。

そうしているうちに、周りの人の言葉や行動に過敏に反応してしまう癖がついていませんか?

 

「いいひと」をやめることは怖い。

僕もそうでした。

やさしさは「おせっかい」と言われ、意見を求められても気を遣って何も言えない。

気が付けば、怒り方も忘れてしまい、悲しいけど涙すらも出てこなくなった。

感情がなくなった自分に何の価値があるのか?と情けない気持ちでした。


そうやって手に入れたのが、ほんの少しの「いいひと」の評価でした。

 

もう、「いいひと」をやめました。
怖かったけどやめました。

自分の意見も言うようになりました。
怒ったり、泣いたりします。職場で口喧嘩もします。
それでも「いいひと」だと言ってもらえます。

いい人をやめて分かったこと。

現実はマイナス思考でもネガティブでも愛される世界なんです

自分が思う「いいひと」はやめても周りは受け入れてくれるものです。

 

行動基準・発言基準を「こうした方が周りにとって良い」より「自分はこう思う」に変えてみましょう。
びっくりするぐらい、拍子抜けするくらい受け入れられるから!

大丈夫なんですよ、ネガティブでも。

 

もし本当にネガティブを治したいなら、「いいひと」もやめてみませんか?

 

逆かもしれません。

「いいひと」をやめたら、ネガティブが治るかもしれません。

すこし考えてみてください。

周りの人に好かれようと頑張りすぎていませんか?

 

追記:続編書きました→その3.ネガティブを治したいあなたへ「辛口編」

 

【仕事・人間関係・コミュニケーション】苦手克服コーチング 無料体験あり!

➡  仕事の悩みほど解決したいのに、相談できる相手がいない。
➡  転職したい。でも家族や将来を考えると踏み出せない。
➡  仕事でうまく伝えられない。話をわかってもらえない。
➡  職場で自分の居場所がない。疎外感を感じる。

こんなお悩みをお持ちの方のサポートをしています。

まずはこちらをご確認ください⇒コーチングサポートのご案内

 

ネガティブ研究家がセミナー講師、やってます。(姫路・たつの・宍粟は交通費無料)

  1. 内容は「こんな話をしてほしい」のご希望も受け付けております。
  2. 個人なので、日程・時間帯・ご要望にお応えいたします。かつ費用がリーズナブル。
    (姫路市・たつの市・宍粟市は交通費無料)
  3. 関西唯一のネガティブ研究家なので、他では聞けない新しい切り口のセミナー講習をします

そんな皆様のご要望にお応えします。お気軽にご相談ください!

詳細はこちらから⇒ 講師のご相談・ご依頼の前にご覧ください。

 

ランキング参加中! 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へにほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください