なぜ、いつも怒られているように感じてしまうのか?~ココロの仕組みから具体的対処法まで~。


お知らせ

久しぶりのブログ更新です。

実は今、電子書籍2作目を書いています。

前作の1st電子書籍についてはこちら

初電子書籍「ワクワクするネガティブ」発売ブログ

出来次第ご案内いたします。こうご期待!

※10月19日 追記

第二作目電子書籍のラフ原稿仕上がりました!

これから、表紙・挿絵・レイアウト・文字校正・電子書籍用データ変換等を進めます!

年内発売を目標に進めています。

こうご期待!

 

 

今回のブログはこんな人に読んで欲しい。

  • 頑張ってるのに、いつも怒られてしまう人。
  • 誰からも優しくされない、と感じている人。
  • 本当はみんな私のことが嫌いなんだろうな、って思っている人。
  • なんでこんなに自分はダメなんだろう。と自己嫌悪に陥ってしまう人。

 

この中で1つでも当てはまる人、もしくはお知り合いで「こういう人がいる」って思った人。

 

今回のブログはぜひ読んで欲しい、もしくは勧めてあげて欲しいのです。

 

というのも、今回のメインは「なかなかできない気持ちのコントロール法」をお話します。

まず「悪い方に考えてしまう」ココロの仕組みをお話して、「悪い方に考えてしまった時の対処法」をお話します。

 

少し長めですので、心のご準備よろしくお願いいたします。

 

悪い方に考えてしまうココロの仕組み

普段生活しているといろんな感情が生まれます。

「うれしい」「くやしい」「かなしい」「たのしい」などなど…。

これらの感情はどうやって生まれているのでしょうか?

 

引用:ワクワクするネガティブ 著者 鶴崎修司 

この方程式にそって感情は生まれます。

 

例えば「明日、何してる?」と聞かれたとします。(出来事)

これが上司からの質問だったらどういう感情になりそうでしょうか?

 

上司はゴルフ好きだから、ゴルフに誘ってるのかもしれない(経験・状況)

でもせっかくの休みくらいゆっくりしたい(自分の思考)

なんか嫌だなあ、なんて答えよう…。(感情)

こういう風に、ある出来事から、その出来事の背景・経験・状況を踏まえて、自分の価値観・考え方をミックスして感情が生まれます。

 

「嫌なことを聞かれた。だからモヤモヤしている。」のように、出来事が直接感情に影響しているわけではないのです

出来事プラス自分の中にあるいろんなものが混ざり合って感情が出てきています。

ここがまずポイントです。

 

これを踏まえて、「悪い方に考えてしまった時の対処法」をお話します。

 

悪い方に考えてしまった時の対処法

では対処法をお話します。

 

「出来事だけを注目する」です。

 

  例えば「いつも頑張っているのに、あの上司はいつも怒ってくる」とします。

  その状況で上司が「○○ができてないじゃないか!ほんといつになったら仕事ができるんだ!」と言ったとします。

  意識するのは出来事だけなので、この場合だと…。

  「○○ができていない」と言われた。ことです。

  普段なら「また怒ってきた。絶対私のこと嫌いだわ。私も嫌いだけど。」なんて思いたいところですが。出来事だけ。

  ○○ができていない、それは事実で落ち度なら素直に悪かったと思えばいいのです。

  「何度もミスして私はダメだ」とか「この人に謝るのは嫌だ」というのは2の次で。

  客観的にダメだったと認めることも大事なことです。

 

  でも相手が悪い場合もあります。

  相手も感情で話している場合が多いのです。

      ※参考までにこちら⇒あなたが仕事ができないのは8割あなたのせいじゃない。その1 

                完結編)あなたが仕事ができないのは8割あなたのせいじゃない。

 

  相手も感情で話しているというのは、

  「こいつはいつもミスして、おかげで俺は迷惑してるんだ」とか「なんでこいつはこんなこともできないの?」

  みたいに、相手も「出来事プラス相手の経験や価値観」であなたに対しての感情を持っています。

  なので「こいつには俺は必要以上に怒ってもいいはず」「こいつの失敗のせいで俺の評価が落ちる」

  など、相手も根拠がないことで怒りの感情になっている場合があるのです。

  嫌な言葉を言われたとしても、あなたを嫌いだから言っているわけじゃないのです。

  怒りの感情といった相手の負の感情を真に受ける必要はありません。

 

だからこそ、事実だけに焦点を当てましょう。

「この人言い方悪いけど、確かにこれは自分のミスだ」と受け止めたり、「原因は僕だけじゃなく他にもあるから、今は再発しないように考えるのが優先」というように、問題の本質に目を向けましょう。

 

愛されない・優しくされないのは自分のせい?

話をしていても、誰も自分のことをよく思ってないように感じたり、ちょっとした言葉が気になって辛くなったりすることはありませんか?

これも感情の仕組みで考えてみましょう。

 

 

誰かが話しかけてくれたことや、してくれたことに対して、素直に受け取れていないことはないですか?

何か裏があるのでは?別の本音があるのでは?と思ってしまいませんか?

僕は思ってます。

褒められても「お世辞だろう」とか、「褒められるほどすごくない」と思ってしまいます。今でも。

ホントは褒められてうれしいのですが(笑)

 

なぜ素直に受け取れないのか?

 

今まで人の気持ちを考えすぎて、逆に人の本音が分からなくなってしまったのです。

 

裏を読み過ぎて、でも正解はわからないままで、自分の思い込みでしか人の気持ちを量れなくなってしまったのです。

みなさんもそういうことないですか?

 

そして傷つきたくないのです。

もし素直に受け取ってバカを見たらどうしよう…とか、褒められることで自分のハードルを上げて欲しくない…とか。

自分の気持ちを守るために、僕は人の言葉を素直に受け取れなくなってしまってました。

みなさんはいかがですか?

 

そして僕は人の言葉を素直に受け取れず、悪い方に考えて、ネガティブになっていきました。

 

もしあなたが「自分はよく思われていない」「自分は嫌われている」と思う方。

一度「おもり」を外してみませんか?

「今までの苦い経験」や「人の心を探る考え方」というような「あなたの思い込み・クセ」というおもりを。

 

素直になる、それは「出来事だけを受け取ること」です。

 

自分の思い込みや相手の感情に振り回されず、今の出来事だけに意識してみることで、本当に大事なものが見えてきます。

 

今孤独を感じていたり、自己否定をしてしまったり、良くない方にしか考えられない人へ。

ふとこの方程式を思い出して、自分の感情を理解してあげてみてはいかがでしょうか?

 

長くなりましたが、読んで頂きありがとうございました。

みなさまの、みなさまのお知り合いの方のお力になれればうれしいです。

 

それでも不安な方はこちら。

無料でやってます。↓

 

【仕事・人間関係・コミュニケーション】苦手克服コーチング 無料体験あり!

➡  仕事の悩みほど解決したいのに、相談できる相手がいない。
➡  転職したい。でも家族や将来を考えると踏み出せない。
➡  仕事でうまく伝えられない。話をわかってもらえない。
➡  職場で自分の居場所がない。疎外感を感じる。

こんなお悩みをお持ちの方のサポートをしています。

まずはこちらをご確認ください⇒コーチングサポートのご案内

 

ネガティブ研究家がセミナー講師、やってます。(姫路・たつの・宍粟は交通費無料)

  1. 内容は「こんな話をしてほしい」のご希望も受け付けております。
  2. 個人なので、日程・時間帯・ご要望にお応えいたします。かつ費用がリーズナブル。
    (姫路市・たつの市・宍粟市は交通費無料)
  3. 関西唯一のネガティブ研究家なので、他では聞けない新しい切り口のセミナー講習をします

そんな皆様のご要望にお応えします。お気軽にご相談ください!

詳細はこちらから⇒ 講師のご相談・ご依頼の前にご覧ください。

 

ランキング参加中! 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へにほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください