【多数決の落とし穴】実は少数派の方が強いんです。


多数決のクイズです。

ふと思い出した話なんです。

 

このクイズ考えてみてください。

あなたは歩行者で横断歩道の前にいます。

今赤信号で、あなたと他9人、合計10人が信号待ちをしています。

交差点は見通しが良く、車がくる気配は全くありません。

さて、あなたはどのタイミングで信号を渡りますか?

 

①今車が来ていないから、今わたってしまう。

②最初に信号無視はしたくないから、誰か1人が動けばわたる。

③気が進まないけど、半分くらいが渡ったら自分もわたる。

④青になるまで待ち続ける。

 

 

あなたは何番ですか?

 

 

多数決の落とし穴

ちなみにうる覚えですが、10人かに質問して答えた割合は

①が2人 ②が3人 ③が3人 ④が2人 だったそうです。

 

さてここからが本題。

 

気が付きましたか?

そう。①の1人がわたると、10人中8人がわたってしまうんです。

①のうち1人がわたると、②は「誰かが渡れば」と言っているので渡る。

③は①と②の人数が5人で10人の半分なので渡る。

 

これが多数決の落とし穴です。

 

「多数派=正しい」は間違い

実際「賛成」「反対」の2択の質問だとしても、

内容よりもその場の雰囲気や、発言力のある人に流されることが多いんです。

 

みんなが買っているから、いいものだと思ってしまう。

アンケート結果で「反対」が多いから、反対が正しいと思う。

民主主義だから、一般論や世論が正しいと思う。

これ、間違っている可能性があるんです。

 

 

「多数派=正義」「少数派=ダメ」じゃないんです。

実際は「少数派」が強いんです。

 

少数派でいいんです。あきらめない。

 

今は人に認められなくてもいいんです。

バカにされても、少数派でも、一人ぼっちでもいいんです。

大事に思うことを諦めずにコツコツやっていけば、少しずつ人が賛同してくれて多数派になることもあるんです。

 

だから少数派でも諦めないでいこう!

僕もネガティブ肯定派は少数派です。

でもまだまだ頑張るつもりだから、一緒に頑張ろう!

 

【仕事・人間関係・コミュニケーション】苦手克服コーチング 無料体験あり!

➡  仕事の悩みほど解決したいのに、相談できる相手がいない。
➡  転職したい。でも家族や将来を考えると踏み出せない。
➡  仕事でうまく伝えられない。話をわかってもらえない。
➡  職場で自分の居場所がない。疎外感を感じる。

こんなお悩みをお持ちの方のサポートをしています。

まずはこちらをご確認ください⇒コーチングサポートのご案内

 

ネガティブ研究家がセミナー講師、やってます。(姫路・たつの・宍粟は交通費無料)

  1. 内容は「こんな話をしてほしい」のご希望も受け付けております。
  2. 個人なので、日程・時間帯・ご要望にお応えいたします。かつ費用がリーズナブル。
    (姫路市・たつの市・宍粟市は交通費無料)
  3. 関西唯一のネガティブ研究家なので、他では聞けない新しい切り口のセミナー講習をします

そんな皆様のご要望にお応えします。お気軽にご相談ください!

詳細はこちらから⇒ 講師のご相談・ご依頼の前にご覧ください。

 

ランキング参加中! 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へにほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください