「ネガティブは長所になる」という理由について話してみた。


はじめに~ネガティブ研究家のブログのお約束~

●こんな方にはぜひ読んで欲しいブログです。

  • いろんな本やブログを読んでも変われなかった方
  • 「どの本も同じようなことばかりだから効果ない」と思っている方
  • 自分はネガティブだから何してもダメだと思っている方
  • 人にアドバイスされても、なんだか納得できない方
  • できるなら自分を変えてみたいと思っている方

●ネガティブ研究家ブログのお約束、3つ!

  1. 「ポジティブになりなさい」など「~しなさい」「○○すべきです」と強要いたしません。
  2. よくある一般論ではなく、僕自身が実際に体験したことや実際に感じたことを書きます。
  3. 一般論は否定しても、個人の感情の否定はしません。

では今回のお話を始めます!

–¾“ú‚͏Ÿ‚‚ñ‚¾

ネガティブが長所?

そろそろ、書いてみます。

「ネガティブが長所になる」という理由を。

 

ネガティブが苦手なポジティブさんにも、

ネガティブが嫌いなネガティブさんにも、

伝わればいいなと思ってます。

 

 

ネガティブの強み、それは…。

理由は「妄想力」です。

 

ネガティブさんは、たくさんネガティブなことを考えます。

 

「こんなこと言われたらどうしよう」

「こんな風に思われている」

「あんなことしなければよかった」

「こんなことが起きるかもしれない」

 

これをうまく使いこなせれば長所だと思いませんか?

 

…ピンとこない?

 

妄想力は「リスク管理」スキルに活用できます。

 

起きるかもしれないリスクを先に知っておけば、対処方法も考えられる。

もちろんたくさん考えられる方がリスクは減る。

 

なので

ネガティブは長所になる!と思います。

 

一つ気を付けて欲しいこと

でもね。

 

「こんなに難しいならできない」

「このリスクあるからやめとこう」

「対処方法が思いつかないから行動しない方がいい」

なんて思ってしまうこともある。

 

これは長所にならずに、短所になってしまいます。

そんな時、自称「前向きネガティブ」の鶴崎はこんな言葉を思い出します。

 

自分がサッカーの選手だったら、「キーパーがいるから」という理由でシュートを打たないのか?

 

そう。

「障害があるから、やらない」は、やらない理由になってないのです。

障害を取り除く方法を考えることもできるからです。

 

ネガティブの妄想力でいろんなリスクが浮かぶ事もあるでしょう。

それはリスクではなくて、シュートを決めるヒントなんだ!と思ってみませんか?

 

「どうやればそのリスクが減るのか?」「それは起きるリスクなのか?」など、乗り越える方法を真面目に考えるだけで、キーパーをクリアしてシュートを決める可能性は増えます。

 

 

こう考えるとたのしそうでしょ?ネガティブも。

楽しめるものなんですよ、ネガティブ。

 

【仕事・人間関係・コミュニケーション】苦手克服コーチング 無料体験あり!

➡  仕事の悩みほど解決したいのに、相談できる相手がいない。
➡  転職したい。でも家族や将来を考えると踏み出せない。
➡  仕事でうまく伝えられない。話をわかってもらえない。
➡  職場で自分の居場所がない。疎外感を感じる。

こんなお悩みをお持ちの方のサポートをしています。

まずはこちらをご確認ください⇒コーチングサポートのご案内

 

ネガティブ研究家がセミナー講師、やってます。(姫路・たつの・宍粟は交通費無料)

  1. 内容は「こんな話をしてほしい」のご希望も受け付けております。
  2. 個人なので、日程・時間帯・ご要望にお応えいたします。かつ費用がリーズナブル。
    (姫路市・たつの市・宍粟市は交通費無料)
  3. 関西唯一のネガティブ研究家なので、他では聞けない新しい切り口のセミナー講習をします

そんな皆様のご要望にお応えします。お気軽にご相談ください!

詳細はこちらから⇒ 講師のご相談・ご依頼の前にご覧ください。

 

ランキング参加中! 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へにほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください