マネしちゃダメ!僕のコーチング失敗談 その1


今回はコーチングについて書こうと思います。

ネガティブの話ばっかりでコーチングの話をしていなかったので。

でもどうせなら、僕らしくネガティブに「コーチング失敗談」をお話ししようと思います

それも全5回予定で!


そんなに失敗してたのかよって感じですが(笑)

成功談は他の人にお任せしていますので、
こちとら本家ネガティブ、誰も言いたがらない失敗談を自己開示していきます。

みなさんも僕みたいな失敗はしないようにしてくださいね(振りではない)

あ、ちなみに「ワクワクするネガティブ」はamazon kindle(電子書籍)にて好評発売中!
スマホにkindleアプリ入れれば読めますよ。

ワクワクするネガティブ Amazon詳細ページ

 

コーチングしくじり その1

「誰もが、解決を求めていると勘違いしてしまった。」

コーチングは、自分が「できない」と思っていたことでさえも「できるかも!」に変えるチカラがあります。
実際僕自身もそうでした。
まさか、人前で講師をしたり、本を書いたりできるとは思ってませんでした。

その感動が大きすぎて、「他の人の悩みを解決できるかも!」って思いました。

 

ただそれが行き過ぎてしまった時があります。

 

日常での会話で
「今日、こんな嫌なことがあった」「実は○○で悩んでいる」なんて相手が言おうものなら
おせっかいの虫がうずいてしまって。
「どんな気持ちになれればいい?」「相手はどんな気持ちだったと思う?」なんて
相手の気づきを促す質問をしてしまってました。

 

そこで返ってきた言葉は
「もう!だまってきいて!」でした。

これこそが本当の「おせっかい」

そうです。これはコーチングマインドからずれているんですね。
「自分が!自分が!」って自分の気持ちで走ってしまい、相手より前に行こうとしている。

 

コーチは同じベンチに座って、同じ景色を見るものだと思っています。
相手の気持ちを考えず「気付かせてあげよう」は、おせっかいでしかなかったのです。

 

ただ愚痴を言いたい時もある。
ただ聞いてほしい時もある。ただうなづいてくれればいい時もある。
その気持ちを感じて、しっかりと受けとめるのが
コーチのカッコいいところじゃないかなって思っています、今は。

「せっかく気づかせてあげようと思ったのに」「ちゃんと質問に答えてよ!」なんて思っていては
相手の気持ちにはたどり着けないな、と反省しました。

 

誰かを助けたい!誰かの力になりたい!と思うことは素敵だと思います。

だからこそ、コーチとして本当の意味で寄り添える「コーチングマインド」を忘れずにいようと思います。

 

ネガティブ・マネジメントコーチ 鶴崎は一生懸命寄り添います。
ネガティブな気持ちや、「話してもわかるわけない」話も大歓迎です。

「マネしちゃダメ!僕のコーチング失敗談 その2」 もお楽しみに!

追記:続き、書きました。

コーチング失敗談 その2 コーチング失敗談 その3 コーチング失敗談 その4 コーチング失敗談 最終回

 

【仕事・人間関係・コミュニケーション】苦手克服コーチング 無料体験あり!

➡  仕事の悩みほど解決したいのに、相談できる相手がいない。
➡  転職したい。でも家族や将来を考えると踏み出せない。
➡  仕事でうまく伝えられない。話をわかってもらえない。
➡  職場で自分の居場所がない。疎外感を感じる。

こんなお悩みをお持ちの方のサポートをしています。

まずはこちらをご確認ください⇒コーチングサポートのご案内

 

ネガティブ研究家がセミナー講師、やってます。(姫路・たつの・宍粟は交通費無料)

  1. 内容は「こんな話をしてほしい」のご希望も受け付けております。
  2. 個人なので、日程・時間帯・ご要望にお応えいたします。かつ費用がリーズナブル。
    (姫路市・たつの市・宍粟市は交通費無料)
  3. 関西唯一のネガティブ研究家なので、他では聞けない新しい切り口のセミナー講習をします

そんな皆様のご要望にお応えします。お気軽にご相談ください!

詳細はこちらから⇒ 講師のご相談・ご依頼の前にご覧ください。

 

ランキング参加中! 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へにほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください