ご存知ですか?「頑張る」の語源。明日話せる豆知識。


頑張る。

つい使ってしまいません?

「頑張ってみます」「頑張る」「頑張って」

便利なんですよね、いろんな場面で使えるし。

新年、何回この言葉を使っただろうか(笑)

 

 

「頑張る」の言葉遊び「顔晴る」から

人によれば「頑張る」を「顔晴る」と書かれるようです。

ツラいイメージがあるから、笑顔の方がいいとのことで。

僕には「大事なことから目をそらす」言葉遊びのように感じるのです。

じゃ「頑張る」って何だろう?

この言葉を今、考えてみようと思いました。

 

 

語源は仏教?

初詣でかった仏教の本にありました。

「頑張るの語源は、仏教の『我を張る』からと言われているとのこと。

我を張る。それは「自我を押し通す」こと。

なるほど。

「自分がやりたいことを頑張る」「自分に負けないように頑張れ」という感じなのか。

少し腑に落ちた。

顔が晴れるじゃないな、僕の中では。

 

でも、もう一つ感じたことがある。

 

 

もう一つの「頑張る」

「自我を貫く」それは一歩間違えば「独りよがり」「意固地」にならないか。ということ。

 

思い当たることがある。

 

「頑張ることはいいこと」と思い込んで、頑張っている自分に酔ってしまうことがあった。

大事な結果よりも、頑張ったからいいじゃないか的な反省をしないパターン。

 

そうなんやわ。

頑張る時ほど、自分を顧みる自制心や、周りの声を聴く余裕が大事やと思う。

「これでいいんだろうか?」「もっといい方法があるのでは?」と立ち止まること。

 

ずっと頑張り続けなくてもいいんだ。不安になってもいいんだ。

 

そう思うと、やっぱりネガティブって大事だなって思う。

不安や後悔は頑張りのエネルギーになる。

 

2018年 鶴崎流「頑張る」とは

以上を踏まえて、僕にとっての今年の「頑張る」はこうです。

 

「自分を大事にしつつ、ネガティブとうまく付き合いながら気楽に一歩一歩進む」。

 

自分なりの「頑張る」の意味を持たせると、頑張るもワクワクになりそう。僕はそう思います。

みなさんの「頑張る」はどんな「頑張る」ですか?

よかったらお聞かせください。

 

気楽に頑張っていきましょ、2018年!

 

 

【仕事・人間関係・コミュニケーション】苦手克服コーチング 無料体験あり!

➡  仕事の悩みほど解決したいのに、相談できる相手がいない。
➡  転職したい。でも家族や将来を考えると踏み出せない。
➡  仕事でうまく伝えられない。話をわかってもらえない。
➡  職場で自分の居場所がない。疎外感を感じる。

こんなお悩みをお持ちの方のサポートをしています。

まずはこちらをご確認ください⇒コーチングサポートのご案内

 

ネガティブ研究家がセミナー講師、やってます。(姫路・たつの・宍粟は交通費無料)

  1. 内容は「こんな話をしてほしい」のご希望も受け付けております。
  2. 個人なので、日程・時間帯・ご要望にお応えいたします。かつ費用がリーズナブル。
    (姫路市・たつの市・宍粟市は交通費無料)
  3. 関西唯一のネガティブ研究家なので、他では聞けない新しい切り口のセミナー講習をします

そんな皆様のご要望にお応えします。お気軽にご相談ください!

詳細はこちらから⇒ 講師のご相談・ご依頼の前にご覧ください。

 

ランキング参加中! 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へにほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください