知っておくべき「なんちゃってポジティブ」


 

なんちゃってポジティブ

最近「実はポジティブですよね」と言われるので
そろそろマイナス思考・ネガティブらしい事を書いてみます。

子供みたいなことを言いますが、
「なんちゃってポジティブ」が苦手です。

 

簡単に言うと「自分の都合のいいようにポジティブを解釈している人」です。

 

例えば、今までこんな人がいました。

 

「ネガティブは後ろ向きだからダメなんだ。前向きにポジティブに考えないと」
 と人には言うが「なんでそんなミスしたのか?」「やる気があるのか?」と後ろ向きのお説教ばかりする人

「マイナス思考だから、ミスを引き寄せるんだ」
 と人には言ってたが、本人がミスしたときには「これはミスじゃない。経験だ。勉強になった。」と言い出す。

「相手の言うことを、素直に受け取る謙虚さが必要」という上司だが
 報告をすると「口答えするな」「言い訳するな」と素直に受け取ってもらえない。

「悩む暇があったら行動しろ!」と僕にいう上司が、仕事を任されたときに
「段取り8割っていう言葉を知っているか?」といいながら企画書つくりに半年かけて社長に怒られてた。

これって僕の周りだけ?皆さんの周りにもおられませんか?

本来のポジティブ

本来ポジティブの意味は「物事を肯定的にとらえること」です。

 

「前向き」「ポジティブ」な言葉の部分だけを使って、本質を見えてないポジティブの人に良く出会います。

僕は苦手です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください