空気がよめない人へ。空気を読む必要はありません。


空気を読むということ

はっきり言います。

空気は読まなくていいです。

 

仕事でも、家庭でも、プライベートでもよく使われる言葉「空気を読む」

楽しいのは好きですよ。みんなでワイワイやっているのはいいんです。

それでも言います「空気は読まなくていい」

その理由をお話します。

 

空気を読むとは?

空気を読むって使い始めたのは確かお笑い芸人の人だったと思います。

「場の空気読めよ!」的な突っ込みで。

 

「空気を読む」って「雰囲気に合わせて言動をする」ということでお話しますね。

お笑いや仕事で使うのはわかります。

「視聴者を楽しませる」「宣伝をする」「お客さんを納得させる」という明確なテーマのもとに仕事が成り立っているから、それにそぐわないのは避けるとか、ツッコミで笑いに変えるという配慮が必要になります。

「空気が読む」というのは「気遣い・配慮」みたいなものです。

 

ただ、日常でこれを多用する人はピンときません。

「空気読めへんな」とは「その人にとっての想定外の言動」だけでしかないケースが往々にしてあります。

要は「思う通りにしてくれる人」を「空気が読める人」と勘違いしている人が多いのです。

例えば、会社の飲み会がある時に大事な用事で断ると、

「ノリが悪い」「空気読めない」と言って仲間に引き込もうとする人。いませんか?
「みんなでやらないと意味がない」と勝手理論を言ってくる人。いませんか?

「みんなやっている=正義」的な、集団の心理や権力に流されたりすることが「空気を読む」ではありません。

 

「空気が読める」の問題点

集団心理の問題点は「やってる本人たちが、意思なく流されていること」です。

「みんなでやったらおもしろい」
「たくさんの仲間ができてたのしい」
「その集団の仲間に加われて楽しい」
「みんなやってるから怖くない」

こういうのは「行動力がある」のではなく「流されている」のです。

 

空気を読もうと意識しすぎること。

それは常に周りの人の感情や言動、状況を分析して言動することを続けることです。

これって誰のために行動しているの?ってなりません?

人の為に言葉を合わせて、人の為に行動を考えて、自分の気持ちを後回しにしていませんか?

 

なので空気を読む必要はありません。

完璧に読み切ることも無理だし、読み切ったところで得をしないです。「都合のいいひと」どまりです。

ちゃんとした目的がある時は別ですよ、仕事の打合せとか結婚式とか。

自分を大事にして、自分らしく生きてみたいなら、空気を読まない練習をおススメします。

 

いかがでしたか?

「空気を読まない」についてお話しました。

少しでも気持ちが楽になってくれればうれしいです。

もしお悩みがおありでしたらお気軽にご相談ください!

 

【仕事・人間関係・コミュニケーション】苦手克服コーチング 無料体験あり!

➡  仕事の悩みほど解決したいのに、相談できる相手がいない。
➡  転職したい。でも家族や将来を考えると踏み出せない。
➡  仕事でうまく伝えられない。話をわかってもらえない。
➡  職場で自分の居場所がない。疎外感を感じる。

こんなお悩みをお持ちの方のサポートをしています。

まずはこちらをご確認ください⇒コーチングサポートのご案内

 

ネガティブ研究家がセミナー講師、やってます。(姫路・たつの・宍粟は交通費無料)

  1. 内容は「こんな話をしてほしい」のご希望も受け付けております。
  2. 個人なので、日程・時間帯・ご要望にお応えいたします。かつ費用がリーズナブル。
    (姫路市・たつの市・宍粟市は交通費無料)
  3. 関西唯一のネガティブ研究家なので、他では聞けない新しい切り口のセミナー講習をします

そんな皆様のご要望にお応えします。お気軽にご相談ください!

詳細はこちらから⇒ 講師のご相談・ご依頼の前にご覧ください。

 

ランキング参加中! 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へにほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください