自分を好きになる?その必要はないです。本当の自己肯定とは。


好き嫌いのお話

僕は納豆が嫌いです。

臭いが苦手なんです。

でも健康にいいのは知っている。ただ臭いがダメだから嫌い。

納豆にもいいところがあるのは知ってる、でも納豆は嫌いなんです。

 

自分のことを好きになろう?

こんな言葉よく聞きませんか?

「自分の事を好きになろう」「自分に自信を持って」

なんかいい言葉ぽいですよね。

そんな言葉に、僕は反論をしてみたいと思います。

 

「自分を好きになる」簡単なようで難しい。

僕自身自分のことが大嫌いな時期がありました。

そんな時「自分のいい所を見つけて、自分のことを好きになってみよう」と言われました。

 

ここで納豆の話をもう一度。

納豆が健康にいいと知っていても、嫌いなんです。

自分にいい所があったにしろ、それ以上に嫌な部分があるから自分が嫌いでした。

なので「いいところを見つけて好きになる」は納得できませんでした、納豆だけに

 

僕は思います。

好きにならなくていい。

受けとめるだけでいいんです。

 

自分を受けとめる?

もう少し具体的に言うと

「いいとか悪いとか置いといて、ありのままを受けとめよう」です。

 

例えば、あなたが昔に辛い事があって後悔ばかりしているとします。

「なんであんなことしてしまったんだろう…。あの頃の自分は最悪」

「後悔ばかりして何も進めない自分がむかつく」って思っています。

 

ここから「いい」「わるい」を取り除いて、ありのままだけを受けとめるとこうなります。

「あの時失敗だったな。くやしいな」(後悔はしている)

「今自分は前に進んでないな。前に進みたいな。」

これが本当の自己肯定です。

 

本当の自己肯定

「自分を好きになる」は自己肯定ではありません。

なぜなら、自分が「イヤだ」と思っている気持ちを否定して、無理やり「いい所」を見ようとしているからです。

今の自分の「ありのまま」を受けとめるだけ。

 

自分のことを好きになれないなら、それでいいです。

無理に好きにならなくていい。

「いい」「わるい」「すき」「きらい」などの評価をいったん忘れてみませんか?

 

ぼくらしさ、あなたらしさ。自分らしさ。

僕はネガティブですし、短気だし、感情の起伏が激しいし、さみしがりだし、ええカッコしたがりだし、気が弱いので人に好かれたくて気遣いばかりしています。

僕は自分のこんな性格を「いい」「わるい」で考えていません。僕らしいなって思ってます。

たぶんこういう感覚が「自己肯定」なんだろうなと思います。

 

自分を好きにならなくていい。

その代わり「自分らしさ」を自分で分かってあげて欲しいです。

「いい」「わるい」抜きで、あなたは「あなたらしさ」を知ってますか?

 

【仕事・人間関係・コミュニケーション】苦手克服コーチング 無料体験あり!

➡  仕事の悩みほど解決したいのに、相談できる相手がいない。
➡  転職したい。でも家族や将来を考えると踏み出せない。
➡  仕事でうまく伝えられない。話をわかってもらえない。
➡  職場で自分の居場所がない。疎外感を感じる。

こんなお悩みをお持ちの方のサポートをしています。

まずはこちらをご確認ください⇒コーチングサポートのご案内

 

ネガティブ研究家がセミナー講師、やってます。(姫路・たつの・宍粟は交通費無料)

  1. 内容は「こんな話をしてほしい」のご希望も受け付けております。
  2. 個人なので、日程・時間帯・ご要望にお応えいたします。かつ費用がリーズナブル。
    (姫路市・たつの市・宍粟市は交通費無料)
  3. 関西唯一のネガティブ研究家なので、他では聞けない新しい切り口のセミナー講習をします

そんな皆様のご要望にお応えします。お気軽にご相談ください!

詳細はこちらから⇒ 講師のご相談・ご依頼の前にご覧ください。

 

ランキング参加中! 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へにほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください